cooking tools フライパン

T-fal IHフライパンの評判・デメリットは? 現役シェフレビュー

  1. HOME >
  2. cooking tools >

T-fal IHフライパンの評判・デメリットは? 現役シェフレビュー

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

 【ティファール製のフライパンを購入しようか悩む人】

「フライパンを購入したいけど、ティファールにしようか迷い中。
 値段とか耐久性を知りたい。フライパンの口コミや評判はいいの?
 実際に使ったリアルな『メリット・デメリット』を知りたい。」

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

本記事は、『T-fal IH ルージュ・アンリミテッド フライパン 26cm』の

・ティファールフライパンの特徴

・実際に使ってみた感想

・T-fal IHルージュ・アンリミテッドの口コミレビュー

・使用のメリット、デメリット

・ティファールフライパンを1年間使った結果

などをご紹介します。

自分に“ピッタリ合ったフライパン”が見つかるアドバイスになれば幸いです。

こんな方におすすめ

焦げ付かずにストレスなく調理がしたい。フライパン選びに失敗したくない。

最近では、フライパン全体の質も上がってきているので、どのフライパンを選んでも、おおむねこの要望は満たしてくれるでしょう。

今回のティファール製フライパンは、特に下記のような方へオススメのフライパンとなっています。

T-fal IHルージュ・アンリミテッド フライパンはこんな方におすすめ

  • 1.とにかく料理のクオリティを上げたい。
  • 2.見た目がオシャレなフライパンを使いたい。
  • 3.長く使いたい。

今回おすすめしている『IHルージュアンリミテッド』のひとつ前のモデルになりますが、

以前使用していたティファール製フライパンの『1年使ってみた画像』も参考までに載せています。

デメリットまでしっかりとお伝えするので、買おうか迷われている方はぜひ最後までご覧ください。

本記事の信頼性

 管理者:かえる

料理歴19年目現役フレンチシェフ。浅草フレンチ『リエーブル』からフランス料理の世界に入り修行。高級リゾートホテル、横浜ナチュラルフレンチの名店、都内のミシュラン星付きレストラン、銀座ビストロなどで研鑽し、32歳で結婚式場の料理長に。パティシエとしても本格的に5年間修行。フレンチをベースに、料理、製菓、製パン、ウェディングケーキなど、なんでもこなします。各種SNS、ブログ、ラジオ(stand.fm)、note、YouTubeなどで料理について発信中。

Kaeru(@kaeruchef

この記事を書いている僕は、料理人になって19年。現在は結婚式場のシェフをしながら大好きな料理のブログを書き、SNSや当ブログでレシピを発信しています。

【ティファール】IH ルージュ・アンリミテッドの特長

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

『おいしくなるから料理がもっと楽しい。』がコンセプトのティファール。

フライパンの中で、一番有名なメーカーがティファール T-falではないでしょうか。

その中でも、使いやすい取手付きフライパンの最新作【IHルージュアンリミテッド】が今回のおすすめ。(※2021年/8月現在)

こびりつきにくい、長く使える、スタイリッシュ。

美食大国のフランス製。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

やっぱりカッコいいですね…。料理を作るモチベーションもあがります!
かえる

機能は折り紙付で、Amazonカスタマー評価【★星4.5】と、ネット上の評価も高いフライパンです。

今まで困難だった技術に成功!
耐久性とこびりつきにくさは“最高レベル”へ。

6層からなるチタン・アンリミテッドコーティングは、ティファール史上最高のこびりつきにくさと耐久性を実現。新たな独自技術でハードクリスタル層をフィニッシュ層に用いることに成功した結果、金属へらなどによるダメージに対する耐久性が飛躍的に向上し、これまでにない耐摩擦性を実現しました。コーティングの耐久性が高いから、使い始めのこびりつきにくさがさらに長く続く。つまり、手軽においしい料理を楽しむ時間は、ますます増えるのです。

引用・T-fal 公式サイトより

IHルージュアンリミテッドには、他メーカーのフライパンと違う3つの特長があります。

ティファール史上最高のこびりつきにくさと耐久性

フライパンで焼く目玉焼き

表面はノンスティック層という、いわゆるフッ素樹脂加工、テフロン加工と呼ばれるコーティング。

目玉焼きもこびりつかない、使いやすい表面仕上げになっています。

公式に、目玉焼きがツルツルすべる動画があったので、「本当に?」と思ってやってみたら、本当でした…。

疑ってすみません。申し分ない良いコーティングですね。

表面はザラザラした感じなのですが、良い感じにこびりつかなくてバッチリです!
かえる

気になる耐久性ですが、【チタンアンリミテッドコーティング】という、チタンやハードクリスタルを含む6層からできており、『6倍長持ち!』とおっしゃっています。

ホームセンターで売っている1000円程度のテフロンパンが、大体3ヶ月でこびりつくようになるので、ルージュアンリミテッドは約18ヶ月(1年半)は大丈夫な計算になります。

Amazonで4000円程度なので、6倍長持ちすればコスパもいいですね。

適温お知らせマーク

フライパンのアップ

フライパンの真ん中にある上の写真のマークが、『適温お知らせマーク』です。

フライパンが十分温まると中心のマークが消えて、「丁度良いタイミングだよ!」と教えてくれます。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

フライパンを温めると、このマークが…

フライパンで焼くナス

こんな感じに消えます。マークが消えたら焼きはじめましょう。

初心者の方にはうれしい機能ですね。ある程度慣れた方にも、空焚きの抑制効果が期待できます!
かえる

すぐれた『熱伝導』

フライパンで焼くナス

熱しやすく、冷めにくい。優れた熱伝導と蓄熱力。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

独自の構造・製造法により、IHディスク(底のIHコンロに触れる部分)を極限まで大きくしているので、熱伝導率がかなり良い。ムラなく焼けます。

フライパンの底が他のフライパンと比べて、若干厚くなっていることもあり均一に火が入るのもいいですね。

きれいに、おいしく仕上がるのはやっぱり嬉しいですね!料理人としては一番ココを見てしまいます。
かえる

ティファールフライパンの評判・口コミ

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

口コミを見ていきましょう。

★★★★★【40代男性】さすが安心のティファール製!ティファールは何種類か使ったことがあるが、これはIH対応タイプ。若干重くて、フライパンを振ったりするのは少し大変。それに少しお高め。昔使っていたものよりもわずかに深くなったのも嬉しい。色々使ってみた結果、やはりティファール製が自分にあっているらしい。一番使いやすいし、長く使える。
★★★★★【30代女性】ちょっと感動。全然こびりつかない!コーティングはかなりいい感じ!いつもはもう少しお安いフライパンを使っているのだけれど、比べるとかなり違う。ただ、残念なのは重いこと。とにかく思っていた以上に重い。私の場合、チャーハンを煽ったら手首を痛めそうで…。少し揺らして使うのが精一杯です。重いぶん安定感はいい感じ。あとはどれくらい持ってくれるのか楽しみです!
★★★★【50代女性】まったく焦げ付かない!いつもはホームセンターの2000円程度のフライパンを使っていました。3ヶ月もするとこびりついてくるのですが、これはいいですね。特にこびりつきやすい焼肉のタレで炒めたものなんかも全然大丈夫でした。丁寧に使って10年くらい長持ちしたらと期待しています。
★★【20代女性】重すぎる。ちょっといいフライパンを使ってみようと購入したんですが、かなり重い…。IHで使用する分にはまだいいのですが、ガス火で使うにはちょっとキツい。フライパン自体は焦げ付かないし、良いものなのはわかるのですが…。重いけれど綺麗には焼けます。でも毎回重いフライパンを洗うと手首が痛くなりそう。それに中心のマークは特にいらないかも。

★4つ以上の評価の高い口コミが9割以上です。

その中でも、低めの評価の方は『重い』という意見が多めですね。

他にも、「取手がグラついた」「箱がボコボコだった」「汚れていた」など、フライパンとは別のところで悪い評価がついていました。

配送や保管の状態となると、どのフライパンも同じ条件なので、『運』ですね。

ティファールフライパンを選んだ理由

数あるフライパンの中でもティファール製を選んだのには理由があります。

料理を毎日作っていく上で、モチベーションとなってくるのが料理の味です。

たった一言『おいしいね!』と言われるだけで、作ってよかった!と思えるもの。

つまり料理のクオリティをもっとも上げてくれるフライパンとして、IHルージュアンリミテッドを選びました。

実際に使ってみた感想

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

実際に使って料理を作りましたが、正直、素晴らしいです!

僕は職業柄、いろいろな調理器具を使います。

ホームセンターに売っている1000円のフッ素加工フライパンから、4000円台のちょっと良さそうなフライパン、お店で使うプロ使用のものまで。

使い方にもよりますが、安いものはもって3ヶ月程度です。

1000円のものは大体1ヶ月でコーティングが剥がれました…。
かえる

今回のティファールフライパンの一つ前のモデルですが、約1年半使ってまだまだ順調です。

本当にこびりつきません!(記事後半に写真を載せています)

IHルージュアンリミテッドはそれ以上の耐久性をうたっているので、かなり楽しみです!

フライパンで炒めるケチャップライス

ケチャップライスもまったくこびりつきません。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cmとオムレツ

こびりつきやすいオムライスも簡単にキレイに巻けます。

一番こびりつきやすい卵料理がキレイにできるだけでもストレスがなくなります…!
かえる

ティファールフライパンで焼くだけで料理のクオリティがグッと上がります。まったく同じように作ってもおいしくなるので、腕上がったんじゃないかと錯覚します。

ティファール IHルージュアンリミテッドのメリット・デメリット

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

僕はこのフライパンが好きですが、正直、向き不向きのあるタイプのフライパンだなと感じました。

なので、実際に使ってみて感じたメリット、デメリットを細かくご紹介していこうかと思います。

ティファールのデメリット

とにかく重い…。

フライパンで焼く餃子

とにかく重いです。餃子を焼いてひっくり返す時なんてとても大変…。

男性は大丈夫でしょうが、女性には優しくない重さです。

大体1キロ以下だとまだ使いやすいのですが、このフライパンは約1160g。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cmと計り

1kg計りでは計量できませんでした。(公式だと約1160gなので…。)

ただし!重いことが悪いことだけなのかといえば、そうではありません。

重いのにはきちんと理由があります。

実は重さの原因となっているのは、底の厚さによるものです。

フライパンの底を厚くすることで、変形しにくくなります。

長年使用したフライパンて、中心がボコっと膨れてきませんか?
かえる

そうすると油が周りにしかいかなくて、焼きムラもできてしまう。

それに、分厚いからこそ冷めにくい。つまり食材の中心までじわ〜っと火が入るようになるんです。

なので一概に【重い=良くない】わけではないんです。

値段が高い!?

今ではテフロン加工で安く手に入れようとすれば1000円台で購入できます。

今回おすすめする【IHルージュ・アンリミテッド】はAmazonで4114円もします。

「フライパンにこの値段は、ちょっと高いかなぁ」と感じてしまうかもしれません。

ですが、例えば1000円のフライパンが3ヶ月もったとしましょう。(1000円台ですと、大体1〜3ヶ月でコーティングがはげてきます)

すると、【1000円÷3ヶ月=1ヶ月/約330円】の計算になります。

一方ティファールのルージュアンリミテッドは、『6倍長持ち!』とうたっているので18ヶ月もつことになります。

すると、【4114円÷18ヶ月=1ヶ月/228円】と、実はコスパで考えると月100円も安くなるんです!

ただし、使い方によっては長持ちしません。

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cmの説明書

きちんとした使用をすることで1年半と言わず3、4年以上もたせることも可能です。

ティファールのメリット

料理のクオリティが一気に上がる

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cmと餃子

さっき重いと言っていたギョウザですが、クオリティでいえば最高です…。

冷めても、皮がパリッとしてます!!!
かえる

他にもステーキを焼いたり、炒め物を作ったり。

ハッキリ言って他のフライパンとはレベチです。とにかくおいしくなる…。

これにはきちんと理由があります。

炒め物をしたり、肉を焼いたりするときにフライパンに一番大切な要素…それが『蓄熱力』です!

すぐに温まる熱伝導ももちろん大事なのですが、良い状態に仕上げるために、もっとも大切なことは冷めにくいことなんです。

デメリットで言っていた『重さ』にも関係があるのですが、底が厚くなっているので冷めにくく、料理をおいしく仕上げることが出来るんです。

ガス火で使うには重いですが、IH専用として使う分には最高峰かと思います!
かえる

せっかく心を込めて作るのなら、おいしくしたいですよね。

そんな願いを叶えてくれるフライパンです。

耐久性が高く、かなり長持ち

フライパンで炒めるベーコン

フライパンの特長でもお話しましたが、IHルージュアンリミテッドは、6つの層からできています。

その内4つにチタン、プライマリー、ハードクリスタルを含む、『耐久性を上げるための層』になっていてすこぶる強いです。

フッ素加工ではご法度の、『金属ヘラの使用』、『熱いまま洗う』などしても大丈夫とのことです!!!

僕は抵抗があるので、もっと丁寧に使いますが…。
かえる

コーティングもバッチリなので、洗うときもスルリと簡単に汚れが落ちます。

なんなら加工が良いのであまり汚れません。

取手の部分もかなり頑丈にできているので安心です。
(5kgの重りを入れて実験しているそうです…。実際そんなにフライパンに食材を入れませんが。)

それくらい頑丈ということですね。

「取手の取れるティファール」で有名ですが、僕は取手付きの方が、頑丈で使いやすいので好きです。
かえる

持っているだけでステータス

T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cm

このフライパンが壁にかかっていたら、ハイセンスでかなり目を引きますね。

それに、すごく料理がデキるひとに見えます。

実際、おいしくなるのでバッチリですね。
かえる

毎日、自分の目に入るものが良いものだと、料理を作るモチベーションも上がってきます。

やはり、嫌だなぁと思って作るのと、楽しんで作るのでは味も変わってくるもの。

少しでも気分良く作るためにも、意外と見た目って重要なんです。

ひとつ前のモデルを実際に1年半使った感じ【IHルビーエクセレンス】

T-fal IHルビーエクセレンスフライパン

ティファールのIHルビーエクセレンスを一年半使ってこんな感じです。

ティファール系フライパンの参考までにご覧ください。

週に4〜5回の頻度で使っています。
かえる

まだまだ全然こびりつかないし、バリバリ現役でうちの奥さんが使ってます。

変形もしてないし、取手のぐらつきもありません。

正直、家庭で使ってここまでもったフライパンはティファールが初めてです。
かえる
T-fal IHルビーエクセレンスフライパン

裏はこんな感じです。ちょっと汚れちゃいました。

ですが使用感はまったく問題ありません。

あと2年くらい持ちそうな勢いです。

モデル比較『ルージュアンリミテッド』と『ルビーエクセレンス』
T-fal IHルージュアンリミテッド フライパン 26cmとT-fal IHルビーエクセレンスフライパン

左が『ルージュアンリミテッド』、右が『ルビーエクセレンス』です。

若干深くなったので、炒めものをするときに、こぼれにくくて良い感じ。

重さは前のモデルの方が80gくらい軽かったと思います。誤差の範囲ですが。

使いやすさ、熱伝導、蓄熱力、耐久性、すべてにおいてグレードアップしています。

ちょとこれは体験して欲しい。鶏肉1枚焼いてもクオリティが全然違うので感動すると思います!

ティファール・まとめ

以上となります。いかがでしたでしょうか。

ティファール IHルージュ・アンリミテッドは、

・料理のクオリティを上げたい人

・キッチンをおしゃれにしたい人

・コスパ良く長く使いたい人

に、ピッタリなフライパンです。

料理人目線で見た時に、家庭で使うには最高クラスのフライパンだと自信を持って言えます。

実際、かなり使っています。本気で料理をおいしくしたいと思ったら、正直コレ一択です。
かえる

ティファール製の片手フライパンを迷われている方のアドバイスになれば幸いです。

ぜひ、自分にピッタリのフライパンに出会えますように。

このフライパンを使って作っているレシピも投稿しています。よろしければ参考までにご覧ください。

【レシピ】スパイスを効かせた焼きナスのマリネ

『ナス、生姜、醤油』の組み合わせがおいしいことは和食で証明されています。今回は焼きナスにスパイスを加え、エスニック風に仕上げた“焼きナス”レシピ です。チリパウダーと黒胡椒で少しピリッと。酸味も加えて ...

続きを見る

-cooking tools, フライパン

Copyright© かえるシェフkitchen , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.