recipe 主菜

【レシピ】鶏むね肉の低温ロースト 自家製マヨネーズ

  1. HOME >
  2. recipe >

【レシピ】鶏むね肉の低温ロースト 自家製マヨネーズ

鶏むね肉 のもっともシンプルな調理法“ロースト”

極限までジューシーに、やわらかく仕上げるには低温でローストするのが一番効果的です。

シンプルなだけに、家庭で完璧に仕上げるのはなかなか難しい。

今回は 鶏むね肉 を低温でじっくり『最高の状態』に焼き上げる、具体的な方法をお伝えいたします。

間違いなく、おうちごはんが飛躍的にレベルアップする一品。

ソースは、何にでも使える『自家製マヨネーズ』を添えました。

こちらもおすすめのソースなので、ぜひ作ってみてください。

かえる
今回は、『鶏むね肉の低温ロースト』と『自家製マヨネーズ』の作り方をご紹介します!

 管理者:かえる

料理歴19年目現役フレンチシェフ。浅草フレンチのリエーブルからフランス料理の世界に入り、リゾートホテル、横浜ナチュラルフレンチ、都内ミシュラン星付きレストラン、銀座ビストロなどで研鑽し、32歳で結婚式場の料理長に。料理、製菓、製パンなどなんでも作ります。各種SNS、ラジオ、YouTubeなどで料理について発信。

“鶏むね肉”の低温 ロースト レシピ

鶏むね肉のローストと自家製マヨネーズ

材料

鶏むね肉と野菜と調味料

・鶏むね肉      1枚(350gくらい)
・塩、コショウ    適量
・人参        1本
・じゃがいも     1個
・ナス        1本

・インゲン      4〜5本

自家製マヨネーズ(作りやすい分量)
・サラダ油      200cc(180g)
・卵黄        1個
・ディジョンマスタード15g
・白ワインビネガー  10g
・塩         適量(3つまみくらい)
・黒コショウ     適量

かえる
マスタードはディジョン以外のものでも代用可。白ワインビネガーも穀物酢に変えても大丈夫です。サラダ油をお好みでオリーブオイルに変えるのも良いですね!

下準備

カットした野菜

1.野菜は洗って、人参、じゃがいもは皮付きのままゴロッと大きめにカット。ナスはタテ4枚にスライス(1cm幅くらい)。
※ナスが小さい場合は3枚スライスでもOK

カットした鶏むね肉

2.鶏むね肉は、皮付きのまま真ん中から半分にカット。

鶏むね肉を調理する30分前に常温に出しておくことがおいしく作るポイントです。冬場なら1時間前くらいから出しておくのがオススメ。肉の中心温度をなるべく室温に近づけてあげることで、焼き上がりがとってもジューシーになるんです!

作り方

ラップに包んだ野菜

1.人参とじゃがいもは、ラップで包み、全部一緒に600wの電子レンジで7分。金串が抵抗なくスッと刺さるくらい火を通しておきます。

かえる
野菜の大きさによっては、もう数分レンチンした方が良い場合もあるので調整してみてください!
鍋で茹でるインゲン

2.インゲンを1%塩分濃度のお湯で2分くらい塩ゆで。(水1L:塩10g)
※この後ローストするので少し固めで大丈夫です。

焼き野菜

3.オーブンをつけて130℃に温めておきます。その間に、人参とジャガイモの表面をフライパンで軽く焼き、インゲンと一緒にオーブンシートを敷いた鉄板の上に並べておく。

今回は『低温ロースト』なので、前もって少し焼き色をつけておいた方が香ばしくおいしく仕上がります。

ちょっと強火で焼き上げると良い色がつきますよ!
かえる
フライパンで焼く鶏むね肉

4.鶏むね肉は、塩コショウでしっかりめに下味を。フライパンにサラダ油を少し入れて温め、鶏むね肉を中火の強めで焼いていきます。

まずはしっかりとフライパンを熱々にして、皮目から焼いていきます。中火に落としてこんがりキツネ色になるように焼いたらOK。なるべく短時間で、中は生、表面はこんがり、といった状態にしましょう!

焼き野菜と焼いた鶏むね肉

5.野菜の上に肉を乗せ、130℃のオーブンで20分間焼いていきます。

フライパンで焼いたナス

6.鶏肉に火を通している間にナスを焼いておきます。フライパンに多めのサラダ油をしいてナスを入れ、中火で焼き色をしっかりつけて焼きます。塩コショウを軽く振ったら引き上げておきましょう。

ローストした鶏むね肉と野菜

7.20分間焼いたらオーブンから取り出し、肉にアルミホイルを巻いて、暖かい所で10分間おいておく。

かえる
余熱で火を通していくイメージです!冬場なら、20分くらい休ませた方がいいですね!
鶏むね肉のローストと自家製マヨネーズ

8.お皿に盛って完成!マヨネーズたっぷり&黒胡椒を効かせるのがおすすめです。

自家製マヨネーズのレシピ

ボウルに入れた卵黄とマスタード

1.ボウルにサラダ油以外を全部入れて、しっかり混ぜておきます。

自家製マヨネーズ

2.泡立て器で混ぜながら、糸を垂らすようにサラダ油をゆっくりと入れていきます。しっかりと乳化すると白っぽくなりドロっとした感じに。

半分くらいちゃんと乳化すればほぼ成功なので、あとは油を入れるペースを上げてサクッと作りましょう。

余ったらこんな感じで保存するのがオススメ

自家製マヨネーズと容器

ディスペンサーや、ビンに入れて冷蔵庫で保存してください。4、5日で使い切りが目安です。

一番おいしいのは作った当日!できれば1回で使い切りが良いです!
かえる

自家製マヨネーズ、裏技の作り方

自家製マヨネーズ

今回の倍量で作るのなら、ミキサーを使って簡単に作れます!作り方自体は一緒で、油以外をミキサーに入れ、回しながら油をゆっくり入れていきます。機械が混ぜてくれるのですごく楽です。

コメント

鶏むね肉は安くておいしいのですが、『絶妙』のストライクゾーンが少し狭い食材です。

低温ローストをマスターすると、完全に料理上手。もしかしたらお店よりもおいしくできるかも…。

わが家では子供達が『これ何の肉!?』と聞いてくるほど。鶏むね肉の限界を一気に引き上げてくれる調理法です。

本当にオススメの鶏むね料理なので、ぜひ試してみてください!

それから、自家製マヨネーズ!これもかなり幅広く使えるので、覚えておいて損はないソースです。

シンプルに自家製マヨとゆで卵でも最高ですよ!

それでは、今日も料理で幸せな時間をお過ごしください。

他のオススメ鶏むね料理レシピ

【レシピ】“鶏むね肉”のベーコン巻き サワークリームとマスタードの ソース

\ピン(保存)お願いします/

更新情報をチェックしたい方は『Pinterestレシピ』ボードを作って
保存しておくと、いつでも簡単にレシピを見ることができます。

Pinterestボタン▶︎画像選択▶︎保存

(スマホ画面下/PC画面左)

Twitterで毎日、『レシピ』や『コツ』など料理のお役立ち情報を発信しております。
ぜひフォローしてください!がんばるあたなの料理をサポートいたします(`・ω・´)!

▼ ▼ ▼

-recipe, 主菜
-,

Copyright© かえるシェフkitchen , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.